×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ゴルフ飛距離アップ ドライバー編

ゴルフでドライバーショットの飛距離が伸びない、方向が定まらない、
そんな悩みを解決する方法が 世界最新ゴルフ上達プログラム では紹介されています。

ゴルフで重要なことといえば体重移動、体の回転を早くするなど、
皆さんはそうお考えでは無いでしょうか。ここにおおきな落とし穴があるといいます。

というのも、体重移動をすることにより、ボールをまっすぐ飛ばすことは
出来なくなくなる可能性が上がり、さらに、体の回転、腕の振りを意識して
しまうが故に、手打ちになってしまう人が多数いらっしゃるようです。

世界最新ゴルフ上達プログラム では、体重移動をせず、体を回転させない、そんなスイングをご紹介しています。

でも、それで飛距離は出るのか?それは次の項でご説明します。

ゴルフ飛距離アップの左一軸スイング

トーナメントプロとしても賞金王を獲得し、レッスン・プロとしても5年連続でトップインストラクターに
選出されたオジー・モア氏の 世界最新ゴルフ上達プログラム では、飛距離アップのスイング法、
「左一軸スイング」をご紹介しています。

まず、体重移動をしないで、どのように打つのか。
それは、インパクトの時点の状態で体をセットし、そのまま打つ、という方法です。
左股関節を縦の軸の中心とし、その状態を保ったままスイングするのです。

また、体を回転させないかわりに、「体をひねる」のだといいます。
人間の体の大きな筋肉、体幹はひねることで大きな力を生み出すといいます。
故に、体を回転させるだけ、腕の振りを早くするだけでは、本当の自分の力を 最大限に引き出すことはかなわない、ということなのです。

どのようなうち方をするのかを詳しく知りたいとお思いの方や、左一軸スイングが イマイチイメージできない、という方は、
世界最新ゴルフ上達プログラム では、オジー・モア氏自身のスイングが動画で紹介されていますので、確認してみては如何でしょうか。